レーザー脱毛『レーザー脱毛の原理』

レーザー脱毛レーザー脱毛の原理』

黒色、または茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射することで、毛や毛根、周辺組織にダメージを与え、脱毛する。

毛のライフサイクルのうち、成長期に照射した分のみが永久的に毛されるといわれる。

これは、毛根に対して十分な熱量が与えられるのがこの期間に限られるからである。

故に、1回の処置では脱毛効果は体感しづらい。
毛周期にもよるが適切な熱量、間隔で照射した場合、
3回以上の照射で50%以上が脱毛できるといわれる。

レーザー脱毛 『レーザー脱毛』とは

レーザー脱毛 レーザー脱毛』とは


レーザー脱毛(レーザーだつもう)とは、
レーザー光が特定の色に吸収されるという特性を用いた、脱毛方法のひとつ。

レーザーの種類としては固体レーザーとなる。
照射には医師免許が必要とされるが、エステティックなどでも使用されているため、
クリニックでの照射を医療レーザー脱毛と区別して呼ぶこともある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。